2019-03-10 トリッキービット


◾️感想

トリックテイキングだと思うんですけど、トリテなプレイ感じゃないなーというゲームでした。

トリテは、配られた手札からある程度「どれだけトリック取れそうか」計画を立ててプレイするものと思ってます。で、計画の根拠は主にハイカードやトランプ(切り札)の枚数。ところが『トリッキービット』はこんな感じ↓で手札の評価が難しく、計画たたないです。

  • トランプがトリック毎に変わる!しかも、伏せカードから引くので次トランプが予想できない!
  • 伏せカードが多い!そのため、ハイカードのカウントがしづらい!

『トリッキービット』の面白さはビッドにあるんだろうなあと思うんですが、上述のとおり「勝てるカード」の判断がしづらくビッドも控えめになってしまいます。

伏せカードは、手札を調整して減らせそう。
トランプは、トリックの勝利者が任意にトランプを決定するか、あるいはノートランプで遊ぶ(カードを数字だけにして色はなし。マストフォローもなし。)とか?

初回の3人プレイで「???」となり、何かあるかもと4人で遊んで4人とも「????」となり、ホントに分かんないゲームです。

◾️ルール読み

自分でルール読むのは簡単でした。
ただ、ルールを説明するとき「同色カードのビッドは合計する」ところが上手く伝わらなかったので、メモ。

  • 自分がトリックを取った時、自分が出したビッドを獲得する。加えて、自分のビッドと同色カードでビッドしてる他PLのビッドも獲得する。
  • ビッドカードの色は、トリックを取るカード色とは関係ない。